飲食料品系の株主優待
スポンサードリンク

【PR】マネーパートナーズ(公式) 手数料、スプレッド、レバレッジ、スワップ、信託保全。比べてみようマネパのFX FX,初心者,トレーダー,投資,口座開設,外為,経済ニュース,金融ニュース

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は大丈夫

バンカメはこの状況の中黒字だったという。国有化もないし、政府の支援も必要ないとか。素晴らしい。
米金融大手首脳が業績回復について楽観的な見方を相次いで表明していて米株が上昇しているというけど、そんな簡単な話ではない気がします。どうでしょう?
米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のルイス最高経営責任者(CEO)は12日、同行が1月と2月に利益を確保し、2009年通年でも黒字になるとの見通しを明らかにした。米メディアが報じた。ルイスCEOはあらためて金融機関の国有化議論を批判し「バンカメの国有化の可能性はない」と強調。これ以上の政府支援は必要ないと述べた。シティグループのパーソンズ会長も同日、ロイター通信に対し、公的資金による追加の資本注入や完全国有化は不要との考えを示した。
今週に入って、米金融大手首脳が業績回復について楽観的な見方を相次いで表明しており、米株が上昇している。(共同)


スポンサードリンク

アメリカ経済 ドル Bank of America バンク・オブ・アメリカ アメリカ景気 黒字 米株 米金融大手 シティグループ 金融機関 CEO ルイス最高経営責任者 米銀大手 ドル高 アメリカ FX オバマ バンカメ
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 10:12 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY外為 円急落、99円台前半

オバマ政権に変わって少し馴染んできて、さぁこれからというときに日本の頼りない政治家たちによる不祥事が原因で為替がガタガタになってしまいました。ドルがこれほど急に高くなるような時期でもなかったのですから日本の政治が頼り無いという事は明らかです。しっかりして欲しい物ですね。
円急落、99円台前半=4カ月ぶり安値−NY外為http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000026-jij-int
【ニューヨーク4日時事】4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、日本の景気先行き懸念や政局不安などを背景に円売り・ドル買いの流れが加速、一時、 1ドル=99円49銭まで下落し、当市場としては昨年11月4日以来4カ月ぶりの安値をつけた。午後5時現在は99円10〜20銭と、前日同時刻(98円 10〜20銭)比1円ちょうどの大幅円安・ドル高。米株価の上伸もドル買い材料となった。 


スポンサードリンク

NY外為 外為 円 安値 ニューヨーク外国為替市場 外国為替市場 円相場 政治 政治家 円安 ドル高 米株価 ドル ドル買い
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 12:36 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円、97円台=NY外為

2月に入って、ぐっと円安になりつつあります。
世界景気の低迷が長期化しそうな気配なので、今のところは97円台でもみ合いの状態です。
世界のあちこちで国債を押し付けあって、みんなで共倒れ〜なんてことにならないようにして欲しい物です。それにしてもアメリカの保険会社、AIGはどうなってしまうのですかね。救済しきれるのでしょうか??
週明け2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、世界景気の低迷が長期化するとの懸念が広がる中、リスク回避の動きが強まりドルと円がともに買われ、1 ドル=97円台でもみ合いとなった。午後5時現在は97円42〜52銭と、前週末午後5時比13銭の小幅円高・ドル安。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000030-jij-int


スポンサードリンク

円 NY外為 世界景気 景気 国債 AIG ニューヨーク外国為替市場 円相場 外国為替市場 外国為替 ドル FX マネー
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 10:14 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIG、アリコなどFRBに譲渡…大規模支援3回目

これまでに約1500億ドルもの支援を受けてきて、更に??
AIGはガタガタですね。もう駄目なんじゃないかと・・・?
ここまで特別扱いしてもらって、再建できないのは今後も難しいかも?
AIG、アリコなどFRBに譲渡…大規模支援3回目http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000433-yom-bus_all
政府管理下で経営再建中の米保険大手AIGが、日本などで生命保険事業を行う傘下のアリコなどを米連邦準備制度理事会(FRB)に譲渡することで合意したことが1日、明らかになった。政府から最大300億ドル(約2兆9000億円)の追加の資本注入も受ける。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などが報じた。2月27日に政府が米金融大手シティグループの議決権を最大約36%握ることも決まっており、米国を代表する巨大金融機関への公的管理が強まる異例の事態が進んでいる。報道によるとAIGは、FRBからの600億ドルの融資枠のうち借り入れていた約400億ドルの返済を免除してもらう代わりに、アリコや香港拠点のAIAの株式を譲渡するという。当初は民間企業に売却した現金で返済する計画だったが、買い手が見つからなかった。さらに、法人顧客向けの損害保険事業の株式の約20%を新規発行して公開し、返済に充てる。AIGが2日に発表する2008年10〜12月期決算の純利益は米企業として過去最悪の約600億ドル(約5兆8000億円)の赤字に陥る見通し。AIGへの政府の大規模支援はこれが3回目。これまでに約1500億ドル(約14兆6000億円)の支援を受けていた。


スポンサードリンク

AIG アリコ FRB 経営再建中 米保険大手AIG 生命保険 米連邦準備制度理事会 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル ウォール・ストリート・ジャーナル シティグループ
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 14:26 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株 6年4カ月ぶり安値。オバマ政権

オバマ政権の金融安定化策の具体化が遅れているのが状況を悪くしているのでしょう。アメリカ、大丈夫か??景気の先行きが不安な状況はしばらく続きそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000026-mai-brf
19日のニューヨーク株式市場は、米大手金融機関の国有化懸念や景気の先行き不安から売り注文が膨らみ、ダウ工業株30種平均は、前日終値比89.68ドル安の7465.95ドルまで反落して取引を終えた。終値ベースでは08年9月の「リーマンショック」後の安値を更新し、02年10月以来、約6年4カ月ぶりの安値となった。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も4営業日続落、終値は同25.15ポイント安の1442.82だった。米連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン前議長が、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに対して「いくつかの銀行を一時的に国有化する必要が出てくるかもしれない」と述べるなど、オバマ政権の金融安定化策の具体化が遅れる中、米国内で金融機関の国有化観測が広がった。株主価値が消失しかねないとの見方からシティグループが同14%安の2.51ドル、バンク・オブ・アメリカも同14%安の3.93ドルと、経営不安の残る金融機関の株が売り込まれた。また、経営再建計画を提出した自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が同3%安の2ドルちょうどまで下落したほか、業績悪化の懸念が強まっている米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は一時10ドルを下回った。

[ドル・円東京為替市場概況]
*10:17JST 「ドル・円膠着気味、ユーロ反落(94.09)」
ドル・円は93円96銭から94円20銭で推移。仲値にかけては本邦輸入企業、投資家のドル買いに対し、本邦輸出企業、投資家のドル売りが出て、結果的にあまり動かない状態になった模様。
ユーロ・ドルは1.2694ドルから1.2625ドルまで下落、ユーロ・円は119円42銭から118円78銭まで下落している。昨日ショートカバーの買いで上昇(ユーロ・ドル1.27台、ユーロ・円120円台)した後であり、さらに買い進む動きはみられず反落している。
仲値:94円16-19銭


スポンサードリンク

NY株 株 オバマ政権 オバマ 金融政策 ニューヨーク株式市場 ダウ工業株 ダウ リーマンショック FRB 投資家 ドル ユーロ 住宅価値 住宅 自動車業界 バンク・オブ・アメリカ バンカメ ゼネラル・モーターズ
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 12:07 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京外為 (13日午前9時)ドル、90円台後半

オバマ政権の住宅対策での動きでドルが少し持ち直したようですが
景気の悪さで為替は不安定なままです。オバマさんの動きに右往左往している感じですね。
12日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米景気対策法案の財政規模が圧縮されたことに対する失望感とやや鈍化していた世界景気に対する悲観論が一転し、色濃く漂いはじめたことからドルが一旦、売られたが、オバマ政権が住宅対策で購入者への支援策が伝えられると、やや買い戻された。午前9時現在は1ドル=90円68―71銭と前営業日(午後5時、90円16―19銭)比52銭のドル高・円安。
 米国市場が休場(プレジデンツデー前日、為替・債券早じまい)と合わせ、今週末から始まるローマでの先進7カ国(G7)・財務相、中央銀行総裁会議(14日まで)の行方をにらみ、市場参加者は様子見姿勢とポジション調整を継続している。
NYダウは、一時、景気対策法案への失望から大幅に下落したものの、オバマ政権が住宅購入者への新たな融資条件を設けるなどの支援策を検討していると伝えられたことから、ドルは持ち直した。
ただ、ドルに対する信認は、依然として弱含みで上値は重い展開で推移している。次々と打ち出されるオバマ政権の経済対策の有効度合に一喜一憂しながら、ドルが買い戻されている。
 今週末のG7の動向、来週の米景気対策法案の成立、1月の米鉱工業生産・稼動率、1月の住宅着工など来週も目白押しで発表される経済指標の数値にも「悲観論が漂う」(市場関係者)。
 ユーロは対円で横ばい。午前9時現在、1ユーロ=116円83―88銭(前日午後5時、116円60―65銭)、対ドルで1.2883―88ドル(同1.2935―38ドル)。(了)
ドル、90円台後半=上値重くもみ合い〔東京外為〕(13日午前9時)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000045-jij-brf


スポンサードリンク

ドル 東京外為 外為 外国為替 為替レート 円高 ドル安 ドル高 円安 FX 為替相場 円相場 東京外国為替市場 オバマ政権 財務相 中央銀行総裁会議 米景気対策法案 経済指標 ユーロ
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 11:11 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX業界も自主ルール策定へ=健全化に向け専門部会を設置

FXの業界がFX取引の健全化に乗り出しました。
投資家の損失が一定額以上に膨らんだ場合の強制決済や、
業者が倒産した際に投資家の資産を保護する基金設立に
ついても検討する等の動きがあるようです。
今もFXを実際にやっている人、今始めようとしている人
かなりの数がいると思いますが、これからもっと増えるでしょう。
守るべきものを守れる仕組みをしっかり作っておいてもらわないと
安心してできませんからね。
FX業界も自主ルール策定へ=健全化に向け専門部会を設置−金先協headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000234-jij-bus_all
外国為替証拠金取引(FX)業者などが加入する金融先物取引業協会が、FX取引の自主ルールの策定に向けた調整に入ったことが10日、分かった。同協会の下部組織として、業界主要21社で構成する専門部会を設置、規則の具体案や実施時期を協議する。金融庁が業者に対し顧客資産の全額信託を義務付ける方針を固めたのに続き、業界としてもFX取引の健全化に乗り出す。部会では、証拠金に対する取引額倍率(レバレッジ)や売買値の差(スプレッド)に上限を設定、個人投資家や業者が過度なリスクを取らないよう自主ルールに盛り込む方針だ。また、投資家の損失が一定額以上に膨らんだ場合の強制決済や、業者が倒産した際に投資家の資産を保護する基金設立についても検討する。 


スポンサードリンク

外国為替証拠金取引 証拠金 FX 個人投資家 投資家 取引額倍率 資産 金融庁 レバレッジ 金融先物取引業協会
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 09:00 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ政権への期待感が後退すればドル売りも

オバマの「CHANGE]はどうでしょうかね。ちょっと大きい事言い過ぎてしまった感がある?アメリカの景気の動向がドルの動きに大きく影響を及ぼすので、アメリカ経済からをしっかりチェックしていきたいものです。
NY市場 1月ADPの全国雇用者数は▼52万2千人と発表されたものの、市場への影響は限定的でした。1月ISM非製造業景況感指数は42.9と先月より2.8 ポイント改善。依然50を下回っているものの、2ヵ月連続の改善を見せました。英格付け会社フィッチがロシアのソブリン債を「BBB]に引き下げたことで、ユーロは対ドル、対円で下落。
本日のECB理事会を控えドル/円は値幅は少なく、上院で審議中の経済対策案の行方待ちといった状況。NYダウは反落し、前日上げた分下げた格好で、再び8000ドルを割り込みました。

ドル/円  89.03 〜 89.78
ユーロ/円  114.21 〜 115.82
NYダウ  −121.70 → 7,956.66ドル
GOLD  +9.70 → 902.20ドル
WTI   −0.46 → 40.32ドル
米10年国債 +0.052 → 2.941%

米景気対策の一環として、米国製品の使用を義務づけた「バイアメリカン」条項についてオバマ大統領は「条項の見直しが必要」との考えを表明し、保護主義の台頭にブレーキをかけました。上院で審議中の経済対策の規模についても、さらに上積みし9000億ドル規模になるとの報道もあり、ここにきて一日も早い上院での成立を願うオバマ政権と上院との温度差がでてきており、審議の行方もやや不透明になりつつあります。
オバマ氏が大統領に就任して2週間が経ちました。を旗頭に米国民だけではなく、全世界の期待を集めて就任しただけに、財務長官や厚生長官の納税漏れなどで改革のイメージが薄れてきています。
米ファンダメンタルズの悪化はある程度織り込んでいる市場ですが、オバマ政権への期待感後退は織り込んでいません。この辺りがさらに「悪化」すると、ドル売り材料と取られるかもしれません。
オバマ政権への期待感が後退すればドル売りも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000010-scn-brf


スポンサードリンク

NY市場 米景気対策 バイアメリカン オバマ政権 オバマ change 外為 外貨 FX 米ファンダメンタルズ ドル売り
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 13:48 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株、為替相場 2月2日

週明けて、株価は大幅下落。アメリカの株式相場が下落した影響が大きく、GDPの悪化が発表された事が大きく影響しているようです。
週明け2日午前の東京株式市場は、前週末の米国株式相場が下落したことや、外国為替相場が円高傾向で推移していることから続落した。日経平均株価午前の終値は、前週末終値比38円30銭安の7955円75銭、東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同8・63ポイント安の785・40だった。前週末の米国市場は、昨年10〜12月期の国内総生産(GDP)が大幅に悪化したことや、金融機関の不良資産を買い取る政策の実現に不透明感が増したことを背景に、大幅続落した。この流れを引き継いだ東京市場は円高が重しとなり、一時200円近くまで下げたが、その後は急速に下げ幅を縮小した。業種別ではその他製品、保険、銀行などの下落率が高かった。

週明け2日午前の東京外国為替市場の円相場は小幅反落し、1ドル=89円台後半で取引が始まった。午前9時現在は、前週末比18銭円安ドル高の1ドル=89円67〜72銭。ユーロは1円02銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円38〜43銭。


スポンサードリンク

東京株 為替相場 為替 値動き FX 米国株式相場 日経平均 TOPIX 東京外国為替市場 円相場
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 14:31 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ就任100日間がドル相場の見極め

オバマ政権によって大きく左右されるであろう為替の相場。
景気回復なるか?!ドルの価値は上がるのか?!目が離せません。
1ドル=88−89円前後でもみ合いが続くドル/円相場。その理由と今後の為替相場の見通しについて、外為どっとコムの上田剛・資金為替部部長(執行役員)に聞いた。今週と来週の2回に分けてお届けする。
――ドル/円相場はこのところ、1ドル=88−89円でもみ合っています。1月20日に発足したオバマ米新政権による景気回復策への期待が高まれば、ドル相場を下支えすることが期待されますが、今のところその見極めができないことから、方向感の定まらない相場が続いているのだと思います。米大統領就任から100日間の政策動向が市況を占ううえでの注目点とされていますが、その間に期待を促す具体的な政策が打ち出されれば、少しずつドル相場が上向く可能性はあります。
ただし、ドル・円相場は昨年3月に1ドル=95円台から一気に110円台まで円安が進み、その後103円台まで戻した経緯がありますから、今後ドル高が進んだとしても103円台がひとつの壁になってくるのではないかと見ています。逆にオバマ政策に対する失望感が広がれば、直近の安値である1ドル=87円台を割り込んで急速なドル安(円高)が進む可能性もあります。
オバマ就任100日間がドル相場の見極めheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000008-scn-brf


スポンサードリンク

オバマ 円高ドル安 円高 ドル安 外為 為替相場 ドル ドル相場 アメリカ アメリカ景気 FX 金融 政治
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 14:30 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京株式市場 28日

終値、約1週間ぶりの高水準!!
前日の米株高を好感した買いが入った上に、
ほかのアジア株式市場も全般に上昇したことから、
日経平均株価(225種)は続伸し、8100円台を回復したそうです。
28日の東京株式市場は、前日の米株高を好感した買いが入った上、ほかのアジア株式市場も全般に上昇したことから、日経平均株価(225種)は続伸、8100円台を回復した。終値で約1週間ぶりの高水準。
 終値は前日比45円22銭高の8106円29銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も1・16ポイント安の804・33。出来高は約19億200万株。


スポンサードリンク

posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 18:16 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

28日午前の東京外国為替市場の円相場

アメリカの大統領が変わり、これからアメリカ国内がどのように変わっていくのかが注目です。
しかし、ここまで景気がボロボロになってしまうとなかなか簡単には戻らないでしょうし、オバマさんパワーがどうか?もまだわかりませんから当分は円相場もこのままという感じでしょうか?どうでしょう?
28日午前の東京外国為替市場の円相場は、米景気先行きに懸念が強まり、一時1ドル=88円台後半に反発した。午前11時現在は89円07〜08銭と前日比95銭の円高・ドル安。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000070-jij-bus_all


スポンサードリンク

東京外国為替市場 円相場 ドル ドル安 円高 円高ドル安 為替 米景気 オバマ
posted by FX、株で儲ける為の勉強 at 17:25 | Comment(0) | 金融ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。